アトピー

MENU
2015/06/22 00:06:22 | アトピー
アトピーだけでなく、花粉症などのアレルギー症状に悩まされている患者さんは年々増加していると言われています。アトピーは体質だからと言って薬を処方するだけで片づけられてしまうことも多いと思いますが、腸内環境を整えるとアトピーが改善できることもあるのです。腸内の免疫システム私たちの体には、身体に有害な物質や細菌が侵入してきた時に、排除しようとする防御システムがあります。これが免疫です。免疫システムが正常に作動している時は病気にかかりません。そして、免疫細胞が集まっている腸内の善玉菌を増やすことで、この免疫システムを整えることができるのです。アトピーは何らかの原因で、免疫が過剰に反応しすぎてかゆみや皮...
2015/06/22 00:04:22 | アトピー
今や人口の20%とも言われる程、アトピー性皮膚炎で悩んでいる方は年々増えており、病院に通ってもなかなか完治まで至らず、あの手この手で治療に取り組んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?いろいろな方法を試してご存知の方も多いと思いますが、ヨーグルトはアトピー改善に効果があると言われています。そこで、ヨーグルトがどのようにアトピーに作用するのか、またどんなヨーグルトを選べば効果的なのかをご紹介したいと思います。なぜアトピーにヨーグルトが効くの?アトピー性皮膚炎は、アレルギー反応の一種として考えられています。私たちの体には免疫システムが備えられており、体内に入ってきた有害な物質と戦ってくれる兵...
2015/06/22 00:04:22 | アトピー
アトピーの治療ではなかなか効果的な治療法が見つからず、ステロイドを使っている方が多いと思いますが、副作用の問題がありほとんどの方はできればステロイドをやめたいと思っていらっしゃいます。そこで漢方薬に切り替えてアトピーの症状が緩和されたり、完治したりと言う話も聞きますが、中には逆に漢方で悪化してしまったという方もいらっしゃいます。実際はどうなのでしょうか?漢方治療とは西洋医学では、皮膚の炎症を抑えるためのステロイドを処方されることがほとんどですが、漢方では、免疫力を上げたり炎症を抑えたりする生薬を使って治療します。体質に合えば、また軽度の症状なら完治も期待できますが、リバウンドもありなかなか効果...
2015/06/22 00:03:22 | アトピー
重度のアトピーの患者さんの多くは便秘で悩んでいると言われています。便秘とアトピーの関係について、またアトピーの患者さんの腸内環境が乱れている原因を探ってみました。腸内環境が乱れるとアトピーが悪化する原因アトピー患者さんの中には、便秘になるとアトピーの症状がひどくなると言う方がいらっしゃいます。なぜでしょう?それは、便秘になると腸内環境が乱れ、悪玉菌が増えるからなのです。悪玉菌は有毒物質を発生させ、有毒物質は血液に吸収されて全身で炎症を起こします。それによってアレルギー反応が起こり、皮膚炎やかゆみにつながるのです。なぜ便秘になるの?では、アトピー患者さんに便秘の方が多いのはなぜでしょうか?一つ目...
2015/06/22 00:02:22 | アトピー
アトピー患者さんは便秘で悩んでいる方が多いって本当でしょうか?実は、アトピー患者さんの半数は便秘だといわれています。アトピーの方になぜ便秘が多いのか、アトピーと腸がどう関係しているのかをご紹介したいと思います。アトピー患者さんの腸内環境私たちの腸内には、たくさんの細菌が住んでいて、その数は1000兆個、1.5キロにもなります。その細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に分かれ、それぞれの菌が自分の仲間を増やそうと日々戦っているのです。腸内の理想的な細菌の割合は、2:1:7だと言われていますが、日和見菌は優位に立った菌の味方をするので常に善玉菌が優勢の腸内環境を作ることが大切になってきます。しか...
2015/04/21 18:04:21 | アトピー
アトピーの治療薬として処方される「ステロイド」。その強い副作用から「脱ステロイド=脱ステ」をするアトピー患者の人も多いと言われています。しかし、「ステロイド」がどんな薬なのか、また、なぜ“悪い”と言われているのか本当に知っていますか?これらの疑問に答えつつ、「脱ステ」をする場合に効果的であるという「乳酸菌」について調べてみました。「ステロイド」って何?ステロイドとは「副腎皮質ホルモン」のことです。副腎から放出されるこのホルモンには強力な「抗炎症作用」があります。そこで、そのホルモンの効果を人工的に何倍にも高めたものが、みなさんの知っている外用薬の「ステロイド」です。「ステロイド」の副作用とは「...
2015/04/21 18:02:21 | アトピー
慢性的なかゆみ、肌の荒れが辛い「アトピー性皮膚炎」。そんなアトピーの治療で使われているのが、軟膏などの病院で処方される塗り薬です。しかし、毎日の日常生活の中の食事・習慣・環境などに気を付けることでできる対策も多くあります。そんな中で、アトピー対策として注目されているのが「乳酸菌」です。なぜ「乳酸菌がアトピーに効く」と言われているのか?また、「どのような種類の乳酸菌」が効くのか?まとめてみました。なぜアトピーには「乳酸菌」が効くの?アトピーの人の特徴の一つとして、免疫機能の低下が挙げられます。免疫機能が正しく機能していない場合、免疫細胞がアトピーの原因物質に過剰に反応し、かゆみなどの症状を引き起...
2015/04/21 17:57:21 | アトピー
アトピー性皮膚炎の処方薬として有名なのは「ステロイド」ですが、1999年に新たな薬が登場しました。それは「プロトピック」という薬です。プロトピックはステロイドと比べて副作用が少なく、実際に処方されているという人も多いのではないでしょうか?しかしこのプロトピックも副作用がゼロではなく、「プロトピックが合わない」という人もいます。そのような人のために、どのような対策をしたら良いかをまとめてみました。「プロトピック」と「ステロイド」の違いとは?プロトピックとステロイドの大きな違いは「副作用が少ない」ことということは先ほど書きましたが、他にはどのような違いがあるのでしょうか?ステロイドは「炎症を抑える...
2015/04/21 17:55:21 | アトピー
肌に赤いかゆみのある湿疹ができる「アトピー性皮膚炎」。アトピーには「なりやすい体質(アトピー素因)」があり、体質として長いつきあいになる人も多い病気です。また、アトピー性皮膚炎は遺伝因子も関係しており、片方の親がアトピーの場合は子供がアトピーになる確率は約30%、両方の親がアトピーだった場合は約50%と言われています。では、もし生まれてくる自分の子供がアトピー体質だった場合はどのように予防すればいいのでしょうか?赤ちゃんのアトピーは“母乳”がキーポイント生まれてすぐの赤ちゃんはまったくの無菌状態です。赤ちゃんは生まれてから周りの環境の菌に触れたり、体に菌を取り入れて免疫機能や腸内環境を強くして...
2015/04/21 17:53:21 | アトピー
子供がアトピーで悩んでいるお母さんは多いのではないでしょうか?原因もわからないかゆみで子供が辛い思いをしているのを見ているのはお母さんも辛いですね。皮膚科を受診するとステロイドなどの薬を処方されますが、薬を塗る以外の「子供のアトピー対策」についてまとめてみました。子供がアトピーになる原因とは?アトピーの人は、赤ちゃんの頃に発症した人も多いのではないでしょうか?アトピーの原因のひとつは遺伝とも言われており、両親が二人ともアトピーの場合は赤ちゃんがアトピーになる確率は約50%という研究結果も出ています。また、アトピーの人には消化器官が弱い、免疫能力・血圧・代謝能力が低いなどの特徴があり、これらが原...