アトピー患者のほとんどは腸内環境が乱れている?本当の原因とは

MENU

アトピー患者のほとんどは腸内環境が乱れている?本当の原因とは

重度のアトピーの患者さんの多くは便秘で悩んでいると言われています。便秘とアトピーの関係について、またアトピーの患者さんの腸内環境が乱れている原因を探ってみました。

 

腸内環境が乱れるとアトピーが悪化する原因

アトピー患者さんの中には、便秘になるとアトピーの症状がひどくなると言う方がいらっしゃいます。なぜでしょう?それは、便秘になると腸内環境が乱れ、悪玉菌が増えるからなのです。悪玉菌は有毒物質を発生させ、有毒物質は血液に吸収されて全身で炎症を起こします。それによってアレルギー反応が起こり、皮膚炎やかゆみにつながるのです。

 

なぜ便秘になるの?

では、アトピー患者さんに便秘の方が多いのはなぜでしょうか?一つ目の理由は、ストレスによるものです。痛みやかゆみなどのアトピー症状によるストレスから自律神経が乱れ、腸のぜん動運動が低下して便秘を引き起こすのです。二つ目は、アトピー患者さんは食事制限があることが多い事、また小食にすることでアトピー症状が緩和されることがあるために、食事の量が減ったり食物繊維を摂らなくなったりして便秘になるというものです。また、水分不足であることも多いようです。

 

善玉菌が少なくなるとアレルギー反応が起こる

腸内環境が乱れて便秘になると、悪玉菌が腸に小さな穴を開けてしまいます。その穴から本来は小さく分解してから体に摂り入れなければならないタンパク質などの物質がそのまま入ってしまい、アレルギー反応が起こります。このことからも、善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことがとても大切な事がわかります。

 

腸内環境を整える為に

アトピーと腸内環境は密接なつながりがあります。「からだの健康は腸にある」と言ってもいいほど腸内環境の良し悪しは全身に影響を及ぼすのです。いきなり薬をやめたり食事だけで改善したりする方法に切り替えるよりも、腸内環境を整えて体質改善から始めてみませんか?まずは、ヨーグルトやチーズなどの乳製品や漬物や味噌などの発酵食品から乳酸菌を摂り、腸に善玉菌を取り入れる事です。また、善玉菌のエサとなるオリゴ糖を含んだバナナやはちみつを摂って更に善玉菌を増やすことも大切です。また、食物繊維や水分をたっぷり摂る事、適度な運動、できるだけストレスを溜めないように心掛け、腸内環境を整えましょう。

関連ページ

子供のうちにアトピー対策
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
赤ちゃんのアトピー予防は母親の母乳が重要
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
プロトピックが合わないアトピーの方は乳酸菌を
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
アトピー対策として乳酸菌が注目を浴びている理由
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
アトピーの脱ステ中には乳酸菌がベスト
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
アトピーの方が便秘もちの理由。腸との関係性
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
アトピー緩和は漢方よりも乳酸菌
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
ヨーグルトの本当の効果・腸からアトピーを緩和していく
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
腸から対策しておきたい「やさしい」アトピー対策
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。