プロトピックが合わないアトピーの方は乳酸菌を

MENU

プロトピックが合わないアトピーの方は乳酸菌を

アトピー性皮膚炎の処方薬として有名なのは「ステロイド」ですが、1999年に新たな薬が登場しました。それは「プロトピック」という薬です。

 

プロトピックはステロイドと比べて副作用が少なく、実際に処方されているという人も多いのではないでしょうか?

 

しかしこのプロトピックも副作用がゼロではなく、「プロトピックが合わない」という人もいます。そのような人のために、どのような対策をしたら良いかをまとめてみました。

 

「プロトピック」と「ステロイド」の違いとは?

 

プロトピックとステロイドの大きな違いは「副作用が少ない」ことということは先ほど書きましたが、他にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

ステロイドは「炎症を抑える」力が強いのに対し、プロトピックは炎症を抑える力は低く、「顔の赤みを抑える」のには効果的と言われています。また、プロトピックにはステロイドの初期の副作用である、皮膚が薄くなる「皮膚収縮」などがありません。しかし、「免疫力が低下する」という副作用はステロイドと同じです。

 

酷い炎症部分に塗ると悪循環に

 

そして、プロトピックにより免疫力の下がった皮膚にアレルゲンが付着すると酷い炎症を起こしてしまう場合があります。

 

さらに、ステロイドは正常な皮膚に塗っても効果がありますが、プロトピックはアトピーでダメージを受けた“キメが荒い肌”でないと薬が吸収されないという特徴もあり、「炎症が起きた患部にプロトピックを塗るとさらに炎症が酷くなってしまう」、という悪循環が起きてしまうのです。

 

対策は「免疫力を上げること」!

 

プロトピックは免疫機能を低下させる副作用を持っており、免疫力の低下がさらに炎症を起こすということは先に書きました。そこで、このような悪循環を断ち切るために「免疫力を上げる」習慣をつけましょう。

 

免疫力を上げるには、ストレスのない健康的な生活も大切ですが、「腸内環境を良くする」ことが免疫力を上げることに繋がることを知っていましたか?人間の免疫機能の8割は腸に集中していると言われています。腸内に存在する菌、善玉菌には免疫細胞を活性化させる効果を持っているため、善玉菌を増やし、腸内環境を良くすることが免疫力の向上に繋がるのです。

 

毎日の生活に乳酸菌を取り入れよう

 

善玉菌を増やすためには乳酸菌の摂取がお勧めです。乳酸菌は発酵食品に含まれているため、朝にヨーグルトを食べる習慣や、毎日の献立に発酵食品を使ったおかずを入れるなどの工夫をしてみるのもいいですね。

 

例えば、納豆や味噌汁、チーズなども発酵食品です。また、乳酸菌はオリゴ糖と合わせると特に効果的に増えるため、ヨーグルト(乳酸菌)にバナナ(オリゴ糖)の組み合わせはお勧めです。

 

乳酸菌で免疫力を上げることは、プロトピックがアトピー患部に過剰反応して起こる炎症を抑えることに繋がります。

 

また、ステロイドで患部の炎症を抑えてからプロトピックで赤みを抑える、というバランスを考えた使い方をしてみるなど、薬のメリット・デメリットを理解しつつ、毎日の生活習慣に乳酸菌を取り入れて健康な体づくりを行なうことを勧めします。

関連ページ

子供のうちにアトピー対策
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
赤ちゃんのアトピー予防は母親の母乳が重要
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
アトピー対策として乳酸菌が注目を浴びている理由
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
アトピーの脱ステ中には乳酸菌がベスト
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
アトピーの方が便秘もちの理由。腸との関係性
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
アトピー患者のほとんどは腸内環境が乱れている?本当の原因とは
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
アトピー緩和は漢方よりも乳酸菌
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
ヨーグルトの本当の効果・腸からアトピーを緩和していく
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
腸から対策しておきたい「やさしい」アトピー対策
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。