子供のうちにアトピー対策

MENU

子供のうちにアトピー対策

子供がアトピーで悩んでいるお母さんは多いのではないでしょうか?原因もわからないかゆみで子供が辛い思いをしているのを見ているのはお母さんも辛いですね。

 

皮膚科を受診するとステロイドなどの薬を処方されますが、薬を塗る以外の「子供のアトピー対策」についてまとめてみました。

 

子供がアトピーになる原因とは?

 

アトピーの人は、赤ちゃんの頃に発症した人も多いのではないでしょうか?
アトピーの原因のひとつは遺伝とも言われており、両親が二人ともアトピーの場合は赤ちゃんがアトピーになる確率は約50%という研究結果も出ています。

 

また、アトピーの人には消化器官が弱い、免疫能力・血圧・代謝能力が低いなどの特徴があり、これらが原因となっていると言います。

 

対策その1:こまめな肌の保湿

 

まずアトピーの対策として大切なのは、こまめな肌の保湿です。
肌の乾燥をそのままにしておくと角質が荒れてしまい、アレルゲンが皮膚の内側に入り込み、炎症が起きると言われています。

 

ワセリンや軟膏など、市販の保湿剤は多く販売されていますが、子供のデリケートな肌には、オーガニック原料のものやアレルギーテスト済みの製品がお勧めです。

 

対策その2:アトピーに効く食材を摂る

 

また、アトピーは体の免疫機能がアレルゲンを攻撃してしまうことが原因です。体の免疫機能を高めることでアトピーを抑えることができます。そこで免疫機能を高める食材を積極的に摂ることをお勧めします。

 

免疫機能を高める食材は、例えば抗酸化作用の高いポリフェノールが多く含まれている「バナナ」。また、「かぼちゃ」のβ-カロテンも粘膜や細胞を強くして免疫機能を強くします。

 

対策その3:腸内環境を整えることで免疫機能アップ

 

さらにお勧めなのが「腸内環境」を整えることです。

 

腸内の善玉菌には免疫力を高める効果があるため、アトピーの人は積極的に乳酸菌・ビフィズス菌を摂取して腸内バランスを整えましょう。

 

そのためには乳酸菌・ビフィズス菌が含まれる食材、ヨーグルトや発酵食品がお勧めです。前に出てきた免疫力を高める食材、バナナとヨーグルトを組み合わせたものなどは子供も食べやすく、喜んでくれそうです。

 

他にも、味噌や漬け物などの発酵食品にも乳酸菌は多く含まれています。これらの食材を使って献立を立てるのもお母さんの腕の見せ所ですね。

 

その他のアトピー対策として、ハウスダストやダニなどもアトピーの原因になるため、こまめな掃除も大切です。

 

環境・肌ケア・食生活と、日常でお母さんが子供にしてあげられるアトピー対策はいろいろあります。毎日の生活を少しでも楽しみながら、子供のアトピー改善に繋げていきたいですね。

関連ページ

赤ちゃんのアトピー予防は母親の母乳が重要
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
プロトピックが合わないアトピーの方は乳酸菌を
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
アトピー対策として乳酸菌が注目を浴びている理由
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
アトピーの脱ステ中には乳酸菌がベスト
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
アトピーの方が便秘もちの理由。腸との関係性
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
アトピー患者のほとんどは腸内環境が乱れている?本当の原因とは
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
アトピー緩和は漢方よりも乳酸菌
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
ヨーグルトの本当の効果・腸からアトピーを緩和していく
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
腸から対策しておきたい「やさしい」アトピー対策
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。