鼻水・鼻づまり、蓄膿症

MENU
2015/07/03 19:27:03 | 鼻水・鼻づまり、蓄膿症
蓄膿症は、長引いた風邪や、虫歯、アレルギー性鼻炎で鼻をかみすぎた時などに起こりやすく、ひどくなると頭痛や発熱など辛い症状を伴う病気です。また、この病気の多くの方が口臭に悩んでいると言われています。なぜ蓄膿症が口臭を引き起こすのでしょうか?口臭の原因は蓄膿症だった!蓄膿症とはウイルスや細菌で副鼻腔が炎症を起こし、そこに膿がたまった状態です。この膿は強い臭いを発し、鼻や口の中に流れ出てきて口臭がするのです。また、蓄膿によって鼻が詰まった状態になり無意識に口で呼吸するようになるため、口が乾燥することも原因のひとつです。まずは病院での治療が必要ですが、こまめに水分を摂って口の中を乾燥させないようにしま...
2015/07/03 19:27:03 | 鼻水・鼻づまり、蓄膿症
子供が風邪でもないのにいつも鼻をすすっている、または風邪を引いた後の鼻水が長引く、などの場合、考えられる原因としては、1.通年性のアレルギー性鼻炎(ペットやほこりなど)2.季節性のアレルギー性鼻炎(花粉症)3.蓄膿症4.チック症などが挙げられます。「鼻をすするだけだから」と簡単に考えずに、まずは病院で診断を受けて原因をはっきりとさせてから、きちんとした治療を受けることが大切です。アレルギー性鼻炎には乳酸菌!乳酸菌が、子供の鼻水や鼻づまりに効果があると言われていることをご存知でしょうか?病院で風邪やアレルギー性鼻炎やの診断を受けたら、病院での治療と同時に「乳酸菌」を摂りいれることをお勧めします。...
2015/07/03 19:26:03 | 鼻水・鼻づまり、蓄膿症
蓄膿症の患者さんは現在100万人とも言われており、きちんと治療を行わず慢性化してしまうと、鼻水や鼻づまりだけでなく頭痛や顔面が痛むなど辛い症状が表れます。なかなか治らない鼻水や咳の症状があれば早めに病院で治療してもらう事が大切です。蓄膿症の原因蓄膿症とは、鼻腔の周りが炎症を起こして副鼻腔まで広がり、膿がたまってしまう病気です。膿がたまる主な原因は、1.風邪の細菌やウイルスが副鼻腔の粘膜に感染し炎症を起こす。2.アレルギー性鼻炎によって鼻の粘膜が炎症を起こす。3.鼻の中の鼻中隔が、生まれつき又は事故などで曲がっている。などが考えられます。その他、ストレスや虫歯などが原因となる事もあります。蓄膿症...
2015/07/03 19:23:03 | 鼻水・鼻づまり、蓄膿症
ストレスで鼻水が出るってこと、あるのでしょうか?意外と知られていませんが、ストレスと鼻水や鼻づまりには関係があるのです。ストレスで鼻水や鼻づまりになる理由「風邪の症状は他にないのに鼻水が止まらない。病院で血液検査を受けてもどの項目にもアレルギー反応が出ない」と言った場合、原因がストレスだという事があります。他にも、・睡眠不足。・冷えの症状が強い。・頭痛、肩こりがある。・目の疲れ。・便秘や下痢。などの症状があれば体からのSOSのサインかもしれません。ストレスで鼻水が出る理由では、なぜストレスが原因で鼻水、鼻づまりの症状が出るのでしょうか?それは、「自律神経」にあります。自律神経とは、循環器、消化...
2015/07/03 19:20:03 | 鼻水・鼻づまり、蓄膿症
アレルギー体質ではないのに急に鼻水が止まらなくなった。病院に行っても原因不明・・・一体何が原因なのでしょうか?もしかしたらそれは、「寒暖差アレルギー」かもしれません。寒暖差アレルギーとは寒暖差アレルギーとは、急激な気温の変化による刺激が、鼻の粘膜の血管を広げる為に起こるアレルギー症状です。アレルギーと言ってもウイルスや花粉などのアレルゲンとなる物質はありません。症状は、鼻水やくしゃみ、咳などで風邪やアレルギー性鼻炎によく似ています。また、食欲不振や頭痛などを訴える人もいます。寒暖差アレルギーの原因ところで、なぜ寒暖差アレルギーになる人とならない人がいるのでしょうか?アレルゲンとなる物質がないの...