子供の鼻水、鼻づまりには乳酸菌がおすすめ

MENU

子供の鼻水、鼻づまりには乳酸菌がおすすめ

子供が風邪でもないのにいつも鼻をすすっている、または風邪を引いた後の鼻水が長引く、などの場合、考えられる原因としては、

 

1.通年性のアレルギー性鼻炎(ペットやほこりなど)
2.季節性のアレルギー性鼻炎(花粉症)
3.蓄膿症
4.チック症

 

などが挙げられます。「鼻をすするだけだから」と簡単に考えずに、まずは病院で診断を受けて原因をはっきりとさせてから、きちんとした治療を受けることが大切です。

 

アレルギー性鼻炎には乳酸菌!

乳酸菌が、子供の鼻水や鼻づまりに効果があると言われていることをご存知でしょうか?病院で風邪やアレルギー性鼻炎やの診断を受けたら、病院での治療と同時に「乳酸菌」を摂りいれることをお勧めします。

 

鼻水、鼻づまりに乳酸菌が効く理由は?

一つ目の理由は、アレルギー性鼻炎とは体に入ってきたダニや埃、花粉などのアレルゲンを外に排出しようとする過剰な防御反応です。

 

私たちの体には、アレルゲンが体内に吸収されるのを抑えるIgA抗体が備わっています。アレルギーを起こす人はこのIgA抗体が少ないと言われており、IgA抗体は多ければ多いほどアレルギーを起こしにくいのです。

 

一方で、アレルギーの原因となるIgE抗体も備わっていて、IgE抗体がアレルゲンと結びつくとヒスタミンが分泌されて鼻水や鼻づまりの症状が出てしまいます。乳酸菌にはIgA抗体を増やし、IgE抗体を増やさないようにする効果があります。また、IgA抗体は風邪のウイルスや細菌にも働くので乳酸菌を摂ってIgA抗体を増やすことは感染症にも効果があると言えます。

 

二つ目の理由は、腸内環境を整え免疫力をアップすることが、鼻水、鼻づまりの改善に効果的だと言われています。私たちの腸の中には100兆個、数百種類の細菌が住んでおり、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に分かれています。善玉菌が優勢な腸内環境であれば、免疫システムが正常に作動し、体に入ってきたウイルスや細菌をやっつけてくれます。つまり、風邪の原因に攻撃し鼻水や鼻づまりの症状の緩和に効果があるのです。

 

子供のための乳酸菌

乳酸菌を手軽に摂りいれるには、子供用のサプリメントが販売されています。特にアレルギーに効果があるとされている乳酸菌に「L-92乳酸菌」があります。これは、アレルギーの原因となるIgE抗体を抑制する働きがあります。また、手軽に購入できるヨーグルトやヤクルトもよいでしょう。ヤクルトは飲みやすく、シロタ株には免疫力強化やアレルギー症状緩和の効果もあります。お子様なので食べる量には気を付けて、毎日続けて体質改善していきましょう。

関連ページ

アレルギー体質ではないのに鼻水が止まらない。何が原因?
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
ストレスでも鼻水、鼻づまりの症状が
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
改善しない蓄膿症。手術してしまう前に試したいこと
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
蓄膿症は口臭にも影響を
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。