季節の移り変わり目にしておくべきこと

MENU

季節の移り変わり目にしておくべきこと

季節の変化や、環境の変化は体に、強いストレスを与えます。気圧や温度の変化は自律神経に影響をあたえ、体の様々な場所に影響を与えます。自律神経のしくみと、季節の変わり目にしとかなければいけない事を見て行きましょう。

 

交感神経と副交感神経のしくみについて

自律神経は車のアクセルの働きをする交感神経と、ブレーキの働きをする副交感神経の2つから成り立っています。正反対の2つの神経はバランスを保ちながら私たちの生活をサポートしています。交感神経が働いている状態は主に活動している時なので、勉強や家事、仕事スポーツなど昼間の活動を支えてくれています。

 

一方、副交感神経は体を回復している時なので、お風呂や食事、夜の睡眠などリラックスした状態を支えています。季節の変わり目の温度や気圧、さらに仕事や学校内での新しい環境の変化は体にストレスを与え、自律神経のバランスを崩し、交感神経を強めてしまう事になります。

 

交感神経が強いと起こる事

交感神経が強すぎてしまうと、副交感神経が働く時間が短くなります。
体が回復する時間が短くなるので、疲れが取れない、頭痛がする、肩こり、めまい微熱などの不調を出してしまいます。

 

まず、ストレスを感じる事で、交感神経は筋肉を固くし、血液の循環を悪くします。血液の循環が悪くなると、体内に取り込まれた栄養や酸素が届かない事により、老廃物を排出する事もできなくなり、体の疲れは体に溜まったままの状態になります。交感神経が強い状態の時は腸の動きは抑制され、便秘や下痢などの症状も出てきます。

 

この事からわかるように、交感神経が強まると腸内環境の悪化が起こる事につながるのです。

 

腸内環境を整えて季節の変わり目に備えよう

季節の変わり目は副交感神経を活性化するような生活を目指す事で、腸内環境のバランスを整える事が出来ます。体調不良を起こしやすい季節の変わり目を乗り切るには、腸を元気にして免疫力を高める生活を心がけましょう。

 

食事はゆっくりと良く噛んで食べる事で副交感神経が優位になります。パソコンやスマホを触りながらの食事は体にとってはストレスとなります。味噌や納豆、キムチなどの発酵食品は腸内環境を整える乳酸菌が含まれているので多く取りましょう。ごぼうやキャベツ、キノコなどの食物繊維は腸の動きを活発にし、副交感神経が優位な様態を作ります。ヨーグルトやサプリメントを用いて、乳酸菌を取り入れる事で腸を元気に保つことも大切です。

 

さらに、適度な運動は体の血行を良くし、ストレスを発散させます。激しい運動はストレスとなるので、ウォーキングやサイクリング、軽いジョギングなど無理をしない程度の運動で副交感神経を優位にしましょう。交感神経が強いは血行が悪いので、腸を温める事もおすすめです。お風呂にゆっくりとつかり、睡眠をしっかりとりましょう。

 

まとめ

ストレスの多い、季節の変わり目は腸内環境を整える事で体調不良を防ぐことができます。食べ物や運動、睡眠、などに気を付けましょう。そして、免疫力を高めるために、率先して乳酸菌を取りましょう。

関連ページ

花粉症デビューの方必見 年々重くなる花粉症対策として
花粉症デビューしちゃった。なんて人。早めに対策しておきましょう。花粉症は年々重くなってきます。そうなる前に。
通年性、季節性のアレルギー対策
通年性、季節性のアレルギー対策として、簡単で効果的なものを紹介しています。
風邪のような症状の花粉症 早めに改善するには
花粉症の症状の1つとして。風邪のようにだるくカラダが重い、熱が出る。というのがあります。経験者は分かると思いますが、風邪でもないのにこんな症状、本当に嫌ですよね。早めに改善するには何が手っ取り早いのでしょうか。
薬でも花粉症が緩和しない方は腸内を疑おう
薬でも一向によくならない花粉症。経験したことがある人も多いのでは?そんな方は腸内環境を見直して体質改善してみましょう!
CMで話題の乳酸菌ラブレ。実は花粉症予防にも?
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
L92乳酸菌と花粉症。花粉症のあなたの要チェック
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
いまどきの花粉症対策として毎日の生活に乳酸菌をプラス
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
ヤクルトでカンタン花粉症予防。効果的なヤクルトの飲み方
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
毎日の食生活にヨーグルトをプラスして花粉症を予防しよう
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。