通年性、季節性のアレルギー対策

MENU

通年性、季節性のアレルギー対策

アレルギー性鼻炎で悩んでいる人は日本人の40%だと言われています。
春や秋の季節の変わり目が特に辛いと感じている人は、病院でアレルギーテストを受ける事をオススメします。アレルギーの検査で、季節性なのか、通年性のアレルギーであるのか診診断してもらいましょう。

 

その2種類のアレルギーの違いは一体どこにあるのか調べてみました。

 

季節性アレルギーの症状と対策とは?

季節性アレルギーは、花粉症と呼ばれ、一年の特定の時期にだけ発症します。
皮膚のかゆみ、鼻水、くしゃみ、涙目、目の充血などの症状があらわれ、皮膚試験でアレルギーの原因を特定する事ができます。鼻炎症状を引き起こす植物は、春(スギ・ヒノキ)夏(イネ科、シラカンバ属)秋(ブタクサ、ヨモギ)冬(カナムグラ)などで、地域や季節によって花粉の増える時期も変化します。

 

対策としては、耳鼻咽喉科で自分の体がどの花粉で反応するのかを調べる必要があります。皮膚テストや血液検査、問診、鼻鏡検査で症状の原因となるアレルゲンを明らかにし、薬物療法や特異的免疫療法、レーザーを使った手術療法の治療が必要となります。

 

重症化を防ぐために、花粉情報をこまめにチェックし、マスクやメガネを使い、外出先から花粉を家に入れないような努力も必要です。空気清浄器を玄関に置いて、花粉を部屋の中へ入れないような対策を行いましょう。

 

通年性アレルギーの症状と対策とは?

通年性アレルギーは、季節と関係なく起こり、主にハウスダストが原因と言われています。
ハウスダストとは人の剥がれ落ちた皮膚や、ペットの毛、カビ、ダニ、細菌などが混ざり合ったものです。体調や環境の変化などで発症しやすく、季節と関係なく、年中鼻水やクシャミなど季節性アレルギーと同じ症状で悩まされる事となります。

 

対策としては、季節性アレルギーと同じように病院の治療が必要です。室内は掃除機やモップを使い、布団にも掃除機をかけ、枕カバーやシーツをこまめに洗濯し、ダニを防ぎましょう。ハウスダストアレルギー対策として丸洗いできる布団と布団乾燥機を防ダニシーツがオススメです。

 

まとめ

通年性、季節性のアレルギー対策は目に見えない物との戦いなので限界があります。
季節性アレルギーの患者のおよそ半分以上が通年性アレルギーの原因となるハウスダストにも敏感であると言われているので、年々増えている患者数は、この2つのアレルギーを持っている人が増えている事にも関係しています。

 

花粉対策やハウスダスト対策を行っても、鼻炎が起こりやすくなる体質を変えない限り、アレルギーの対策にはならないという事がわかります。体質を変える為にも、腸内環境を整えましょう。すると、免疫力が高まり、アレルギーが出にくい体となります。腸内環境を整える為にも乳酸菌を体にとり入れましょう。

関連ページ

花粉症デビューの方必見 年々重くなる花粉症対策として
花粉症デビューしちゃった。なんて人。早めに対策しておきましょう。花粉症は年々重くなってきます。そうなる前に。
風邪のような症状の花粉症 早めに改善するには
花粉症の症状の1つとして。風邪のようにだるくカラダが重い、熱が出る。というのがあります。経験者は分かると思いますが、風邪でもないのにこんな症状、本当に嫌ですよね。早めに改善するには何が手っ取り早いのでしょうか。
薬でも花粉症が緩和しない方は腸内を疑おう
薬でも一向によくならない花粉症。経験したことがある人も多いのでは?そんな方は腸内環境を見直して体質改善してみましょう!
季節の移り変わり目にしておくべきこと
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
CMで話題の乳酸菌ラブレ。実は花粉症予防にも?
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
L92乳酸菌と花粉症。花粉症のあなたの要チェック
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
いまどきの花粉症対策として毎日の生活に乳酸菌をプラス
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
ヤクルトでカンタン花粉症予防。効果的なヤクルトの飲み方
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。
毎日の食生活にヨーグルトをプラスして花粉症を予防しよう
アレルギー対策としてこれから「菌活」を始めようとしている方のサイトです。